ジャーナルのつけ方

神様の言葉を毎日読み、考えることは私たちと神様との関係を強め、神様により近づくことを助けます。ジャーナルを付けることはあなたがたが聖書を読む習慣を身につけ、神様の言葉を日常生活において実践するために役に立ちます。
聖書通読計画はあなたが目的を持って、どこを読むべきか決めるのを、助けてくれます。下記に例を参考にしてください。ジャーナルを通して神様があなたに語りかけてきたことを振り返り、神様からの新鮮な言葉を友達と話し合いましょう。

ジャーナルのモデル

1. 日付を書く。
2. 日付の横に「テーマ」と書いて空けておく。
3. 今日の箇所を読んで考える。
4. その箇所から鍵になる考えを書く。
5. 鍵になる考えから短い祈りを書く。
6. 「テーマ」を一言で書く。
2,3週間過ぎて読み返すと、神様があなたに対して語っていることのパターンに気づくはずです。

ジャーナルの例

1月22日
マタイ13:1-24
• 農業をする人、神様、いつも種を蒔く、神様の言葉。
• 種が良い実を結ぶかどうかはどのような地に植えられるかによって決まる。
• 種は神様の真理である。
• よい地に蒔かれた種は何倍もの実を結ぶ、×30、×60、×100!
鍵 - 私は自分の心を良い地に整えて、種(神様の言葉)が蒔かれるための準備をする。
祈り – 神様、今日、私が心を開いてあなたのみことばを聞くことができますように。