ドリームチーム 5: コーチング戦略

チームで仕える:

運動部のコーチは、プレーしたことがあるからこそ、ゲームを理解しています。

 

実践。

  • チームで仕える。チームの基本的なビジョンと一連の流れを学ぶことで、目標設定と戦略作成が容易になります。

 

チームを個々に知る:

優れたコーチは、メンバーを個人として知っています。家庭での生活、テストの点数、個人的な苦悩、そして願望を把握しているのです。

 

実践:

  • 彼らの強みを知り、さらに成長できる場所を知る。
  • 性格や経験だけでなく、スキルや情熱に応じて人を配置する。
  • 個人的に各チームメンバーを知ったら、祈りながらその人を役割に配置する。

 

「勝利」はどのように測られるのか?:

スコア以上に、勝利とは、神様によって触れられた人々の人生、個人の成長、チームの結束、克服された恐怖、研ぎ澄まされた技術、増大した自信、そして勝利の組み合わせです。それは、個人がチームとしてプレーすることです。

 

実践:

  • 奉仕をするチームを観察し、フィードバックを与える。
  • チーム内に仕えるリーダーシップの文化を作りましょう。
  • チームの能力を高めるためのツールを提供する。

勢いを評価し、方向付ける。

成功するコーチは、ゲームの勢いを読み取り、適切な調整を行うことができます。

 

実践:

  • 柔軟に対応する: ラインアップを変える、タイムアウトを取る、新しいプレーを実行することなどは、勢いを作るほんの一例に過ぎません。
  • 仕える中で、チームの勢いを評価する。彼らは元気か?それとも疲れているのか?
  • 割り当てられたミニストリーやプロジェクトを評価する。チームにとって、それは圧倒的なものか、それとも刺激的なものか?
  • データを見直す。プランニングセンター、トレーニング、その他

以下のことがあればタイムアウトを取る。

  • チームが著しく意気消沈している場合。これは、物事がうまくいかないときに起こる可能性があります。
  • チームがゲストから離脱している。
  • チームが、「やりたい」ではなく「やらなければならない」という態度で奉仕している。
  • ハドルの出席率やリードが悪い。

新しいゲームプランを作成する時か?そして、チームを集めて祈り、ビジョンを示し、イエスとその教会に再び焦点を合わせ、期待を明確にします。

チームメンバーが疲れているのであれば、1シーズン休むことを勧めてください。

もしコーチが疲れていて、無理をしているようなら、コーチも1シーズン休むとよいでしょう。覚えておいてください:リーダーが健康でなければ、チームも健康ではありません。

 

チームに合わせてコーチングのテクニックを変える。

選手は、修正と励ましに対して、それぞれ異なる反応を示します。練習に参加すること、トレーニングすること、試合中にベンチに入ること、これらはすべて規律です。ハイタッチやプレー時間が長いことなどは報酬です。どの程度効果があるかは、選手や状況によって異なります。コーチはどのようにしたら最高の結果をもたらすことができるのでしょうか?4つのタイプのプレーヤーを認識しましょう。

 

実践:

  1. 指示を必要とするプレーヤー – 初心者。全く新しいプレーヤーは、あらゆる段階で指導を必要とします。これは、時間と忍耐の重要な投資が求められます。
  2. チャンスを必要とするプレーヤー – 同じく初心者のプレーヤーで、より自立できるようになりましたが、依然として指導とフィードバックはあなたに頼ります。この関係は、より友人のように感じられます。
  3. サポートが必要なプレーヤー – 仕える上であなたに頼ることは少ないですが、励ましやある程度の指示、確認が必要なプレーヤー。この関係は、よりパートナーに近いと言えます。
  4. あなたが委任するプレーヤー – 卓越した仕事をこなします。これらのリーダーが必要とすることは、最前線ではビジョンを、後方では助け合う関係を、そして全体を通して人間関係があることだけです。

エリア・コーディネーターのアジェンダのサンプル

ミーティングは、さまざまな方法と頻度で開催することができます。目標は、人間関係、霊的な面、リーダーシップ、ミニストリーの要素を織り交ぜて、一つのまとまったミーティングにすることです。以下にてその要素をリストします。

  • 今後のイベントを伝えるために、対面またはZoomでミーティングを行う。これは、事前にどれだけの情報を持っているかによって、月に1回でも、2~3ヶ月に1回でも可能です。目標は、ミーティングを増やしたり、長いミーティングをすることではなく、十分にコミュニケーションをとり、リーダーを知り、成長させることである。
  • 実際に起こった人生の変化のストーリーを集め、チームに共有する(これはLINEグループでも共有可能)
  • チームの問題やミニストリーのニーズについて意見を出し合える形で議論する。振り返り、今、そしてこれから。
  • 目標(6週間、3ヶ月、6ヶ月、そして1年間のチーム目標を立て、更新することを目指します。)
  • カレンダー(今後のライフハウスのイベントやチームの取り組み)
  • 祈り、解散。
  • 前月のイベントやアクティビティーを振り返る。成功した点、改善すべき点をリストアップする。
  • 今後予定されている活動や責任について考えます。リーダーとチームは、奉仕する準備ができていますか?コミュニケーションとロジスティックスは明確ですか?
  • 今後3ヶ月から6ヶ月先を見据えて、計画を立てましょう。創造的な戦略を練る。

 

ドリームチームコーチに定期的に次のような質問をする。

  • この1ヶ月の成果は何ですか?
  • 改善すべき点は?
  • 人生やリーダーシップについて、どのようなお手伝いができますか?
  • ジャーナルをして、神様の声を聞いていますか?
  • 個人的に必要なことで、私が一緒に祈ることができることは何ですか?