ステップ5

将来のために投資する

投資は、将来を計画すること
月から月、給料日から給料日、と生きるよりも、将来のために計画を持つことが賢いです。
富のある人はお金の計画があり、あまりお金が無い人は無計画であることが一般的です。

イエスは、自分たちのお金をどうすることを私たちに期待していますか?

あなたは自分のお金を成長させていますか?
もしシンプルに銀行口座でお金を貯蓄するなら、将来インフラの影響でそのお金にはそこまでの価値は無いでしょう。
様々な投資の方法を自分自身に教育して、神様が私たちに祝福してくれたものを成長させるのは、私たちの仕事です。

投資するエリアに名前をつける
貯蓄をしたり、投資をしたりするエリアでよくあるものがこちらです。

-住宅の購入
-子どもの大学の学費
-老後資金
ある研究結果が示すことには、自分の貯蓄(ビジョン)に名前を付けた方が、諦めることなく長く続けられるということです。

貯蓄するべき?投資するべき?
一般的に、もしそのお金を5年以上使わない場合は、銀行口座に入れておくよりも、投資に回した方がリターンは大きいです。

どのような投資のタイプがあるのでしょうか?
もし長期の投資を考えていて、平均的なリスクを想定しているなら、もっとも一般的なものは、投資信託です。
よりリスクの大きい投資は個人の株取引であり、より安全なのは証券預託や銀行預金です。
他のタイプの投資は、ビジネスを始めたり、ビジネスを買収したり、不動産を購入することです。
どんな投資をするにしても、いつも自分でしっかりと調査をするべきです。

投資信託
過去を見てみると、S&P 500 Index投資信託は過去40年間の間、毎年平均11-12%のリターンがあります。

デイブ・ラムゼイが推奨しているのは、4つのカテゴリーに投資信託を多様化するということです。
-大型株(優良株や大企業)
-中型株(S&P500など)
-小型株(Russell 200など)
-国際株

投資口座
大抵、各国に、税金を避けるために使える長期投資用の免税の投資口座があります。
日本でもっともよく使われる口座は:
-標準の有価証券口座 – いつでも引き出し可能。税(〜20%)が課税。
-NISA口座 – いつでも引き出し可能。5年間投資が免税。非課税。
-ジュニアNISA – 18歳で引き出すことができる。5年間投資が免税。非課税。
– iDECO個人型確定拠出年金 – 60歳で引き出し可能。非課税の退職投資。非課税。

住宅購入
ベストの利率で住宅ローンを組めるように、最低5%、なるべく10%の頭金を用意しておくと良いです。
まだ他に借金が残っている場合、家は買わないようにしましょう。修理費や税金のために支払うお金が足りない時に問題になってしまいます。

老後資金
大体の目安ですが良いやり方は、退職した将来のために、収入の15%を投資するということです。
あなたの投資から8%を引き出しながら生活できるようになるためには、引退時に望まれる収入の10-12回分を貯蓄する必要があるでしょう。
自分の将来は自分でケアしましょう。もし政府が年金などを出してくれるなら、それはボーナスとして考えましょう。

老後のための投資のゴール
もし毎月10,000円を投資信託に投資すれば、毎年12%のリターンがあり、40年後には1億円を超えています!
もしシンプルに同じ金額を投資せずに貯蓄するなら、480万円です。投資し始めるが早ければ早いほど、お金が増える期間が長くなります。

子どもの大学の資金
大学は高額なので、子どもが生まれた時に貯蓄を始めることが良いアイデアです。
いくらくらい必要になるかを計算することができて、そのゴールに向かって投資し始めることができます。
例えば、18年後に700万円に達するためには、月に10,000円を投資することもできます。