土台となる真理(パート2)

ヘブル書の著者は、しっかりとした学びが欠けているため、へブルの人々がまだ未熟であるということに気づきました。彼らは、人に教えるどころか、クリスチャンとしての生き方の原則をもう一度きちんと教えてもらう必要がありました。なぜなら、誰からも正確に教えてもらったことがなく、強い土台を作るために植えられることも、教えを与えられることもなかったのです。

ここで著者は、初歩となる原則(基礎となる土台)が何であるかを記しています。そして、なぜ私たちの人生に必要なものなのか、また、それがないと、どんな結果になってしまうのかを教えています。

クリスチャンの土台となる石 – パート2

この鍵となる箇所にはどんな土台がありますか?

1.

2.

3.

4.

5.

6

霊的な土台を無視するvs霊的な土台を育てる

イエスは、神様の教えと命令に従わない人を何と呼んでいますか?

聞くだけで、実行しなくても大丈夫ですか?

褒められるべき人は誰ですか?

神様のことばを聞いて、実行する人はどんな人ですか?

神様のことばを聞いても、実行しない人はどんな人ですか?

土台がない家はどうなってしまいますか?

聞く

過去に、あなたの土台はどのように試されましたか?

試されたとき、あなたはどのように立ち向かったと思いますか?

実践

人生の嵐に対して、どうすればもっと強く立つことが出来ると思いますか?

もっと強い土台を築くために、どんなことを今日学ぶことが出来ましたか?

祈ろう!

イエス様、人生に起こる沢山のチャレンジに向き合うために助けとなることばをありがとう。周りの人を助けることが出来るように、もっと成長できるように助けてください。

覚えよう!