ドリームチーム 2: 優れたドリームチームメンバーの資質

ドリームチームは、教会に熱意を持ち、福音を伝えることに情熱を持っています。これらのチームは、神様から与えられたギフトとスキルを惜しみなく使って奉仕し、人々がイエスが知ることができるような信仰の雰囲気を作り出します。また、チームの間で素晴らしい人間関係を促進し、維持します。

 

ドリームチームメンバーには、以下のようなドリームチームとしての素晴らしい資質を身につけるよう求めています。

  • ハッピーな心で参加する!
  • 卓越した奉仕をする(卓越性とは完璧さではなく、態度)
  • 積極的にコミュニケーションをとる
  • 一貫性を持ち、責任に注意を払う
  • 責任感を強く持つ
  • 自分の役割と強みを理解しようとする姿勢
  • 人に敬意を表し、感謝することで、感謝の気持ちを表す方法を探す
  • 間違いを正す手助けをすることで、人々の面目を保つようにする
  • 手柄を立てるより、手柄をあげることを優先させる。
  • 手柄、勝利、失望を進んで共有する
  • 謙虚になり、部下としてではなく、対等な立場で人と接する
  • 時間を守り、期限を守る
  • 短いチームミーティング、トレーニング、練習に参加する
  • ロスターを大切にし、変更があれば事前に連絡する
  • メール、メッセージ、電話には24時間以内の返信を心がける
  • 時間が許せば、必要なとき、あるいは頼まれたときに、手伝えるようにする
  • 教会生活における重要なイベント(例:ライフハウスカンファレンスなど)には参加できるように計画する
  • 模範となること
  • 他のチームと協力する
  • 対立を解決することに積極的になる
  • 常に学ぶ者であること-自分のスキルアップに役立つリソースを探す
  • ドリームチームのリーダーには、どんな心配事でも気軽に報告してください

喜びをもってリードする

  • ジャーナルを優先する。定期的に神様の声を聞くことで、あなたの心と体を健康に保つことができます。
  • まず祈ること。人生のどんな時期でも、祈りましょう!
  • クリーンハート。これは、他人を赦し、ねちっこい傷や失望を手放すプロセスです。
  • リーダーに相談する。心や健康に関わることは、遠慮なくコーチと話しましょう。神様によって立てられた霊的な権威に寄り添い、彼らがあなたを牧会することを許可してください。
  • 最優先事項を決め、それを最初にスケジュールに入れます。神との時間、家族、教会、仕事などです。次に、小さな項目を追加します。(趣味など)
  • 健康的な生活リズムを確立する。充実した生活には、聖書を読む、祈る、サイクリングをする、友だちと遊ぶ、リーダーを育てる、コネクトグループ/コミュニティーコネクトに参加する、働く、子どもを連れてアイスクリームを食べに行く、教会の礼拝に出席する、ドリームチームで奉仕する、趣味を持つ、などさまざまな活動が含まれます。
  • 余白を作り、維持する。1週間のすべての時間を計画的な活動で埋め尽くそうとする誘惑に負けないようにしましょう。カレンダーに空きを作っておくのです。余白を作ることで、人生はのびのびとしたものになります。
  • リフレッシュのための時間を確保する。休暇をとる、新しい趣味に挑戦する、休養をとるなど、人生にワクワクするようなことをしましょう。あなたにとって楽しいこと、元気の出ることは何ですか?それをスケジュールに組み込んでください。
  • 助け合う。私たちは一人で人生を歩むように設計されていません。健全な境界線を確立することは、人生のさまざまなシーズンを共に歩むために、霊的権威に期待できることです。
  • 神様の働きに委ねる。魂を救うのは聖霊の役割です。私たちの役割は、人々をイエスに導き、神様の愛を示すことです。神様は救いに向かうよう心に働きかけます。私たちは奉仕することで自分の役割を果たし、残りは神様に委ねます。

 

ソーシャル・メディアで道を示す

教会のボランティアとして、私たちは教会を反映するだけでなく、イエスをも反映します。もし私たちのオンラインでの投稿が議論的、論争的、または攻撃的であれば、教会と地域のコミュニティーはよく奉仕されず、神様の栄光もありません。

  • イエスをお祝いする – 自分自身や社会問題、文化的・政治的な問題よりもイエスを称えること。私たちが投稿したものが世界を変えることはないかもしれませんが、イエスは人生を変えることができます。
  • あなたの言葉や画像の影響を予め想定する。私たちの意見は、人々に知的、感情的、物理的に影響を与えることができます(自殺は深刻な問題です)。私たちが知的に考えていることを、他の人は個人的なものとして受け取っているかもしれません。
  • 責任を持つこと。投稿するならば、常に正直で正確な情報やニュースを載せ、もし間違いがあれば、透明性を保ち、迅速に訂正する。
  • 謝意を表す。他の人の素材を掲載する場合、必要であれば許可を取り、アーティストや所有者に謝意を表しましょう。可能であれば、出典のリンクを載せましょう。
  • 教会を素晴らしい方法で紹介する。ドリームチームとして、あなたがライフハウス教会の一部であるなら、他の人もそのように捉えます。そのため、自分自身と教会を誠実に表現しましょう。

 

教会でのビジネスとの関わり方において道を示す

私たちは、人々が神様と教会の生活を体験するための安全な場所を作りたいと願っています。一般的に、教会はビジネスを行う場所であってはならないと考えられています。私たちは、人間関係の動機がビジネスチャンスに影響されていると捉えられるような環境を作りたくはありません。そこで、いくつか役立つヒントを紹介します。

  • 私たちの価値観にふさわしい方法でビジネスを行う。教会内で製品やサービスを販売したり、宣伝したりすることは控えてください。これには、ビジネスの勧誘を目的とした配布、広告、招待、SNS、教会のLINEグループ、電話連絡先リスト、電子メールを使用すること、パーティープランの販売、マルチ商法、ネットワークビジネスが含まれます。
  • ビジネスのプロモーションと教会・個人のプロモーションは分けて考える。ビジネス用に別のソーシャルメディアアカウントを設定する。
  • 個人的な販売や製品の配達は、教会の建物や教会のアクティビティー内で行なってはいけません。これには、イベント、コネクトグループ、ドリームチームなどが含まれます。
  • ドリームチームのメンバーは、教会での活動中に専門的なアドバイスを求めたり、ビジネスに関する問い合わせをすることを控えるようお勧めします。教会は教会らしく。
  • ライフハウスは、教会のメンバー間のいかなる商取引に対しても、責任を負いません。
  • ライフハウスは、教会に期待される範囲内で、メンバーにとって有益と思われる活動、製品、サービスを推進します。

 

機密保持において道を示す

機密保持は誠実でオープンな関係を築くために重要ですが、ドリームチームのメンバーは、自分自身や他の人の安全や幸福について懸念がある場合、担当のコーチに知らせるようお願いしています。情報を共有するときは慎重であるべきですが、決して守秘を約束してはいけません。

  • – 祈りの中で与えられた情報は、たとえ励ましや共感であっても、いかなる種類のソーシャルメディアにも載せるべきではない。まず、本人の許可を得ましょう。
  • ドリームチームコーチは、危険にさらされている人々や法律に関して倫理的なジレンマに直面した場合、牧師のスタッフに指示を仰いでください。本人または他者に危害が及ぶ恐れがある場合、リーダーは守秘義務を破ることが法的義務であると考えなければならない。