性的ピュア

セックスには力があります。だからこそ、神様は性的不品行に対し、私たちに警告しています。

「性的不品行」とは、新約聖書にあるギリシャ語「Porneos」を訳したもので、結婚外の全ての性行為を示しています。この聖書箇所で、セックスとは二人を一つに結びつける強力接着剤のようなものだと表現しています。セックスは、全ての分野において、親密さを生み出します。だからこそ、私たちは性的不品行を避けるべきなのです。神様は、私たちがしっかりと自分の行動に気を配り、結婚相手とのみ、結ばれることを望まれています。

どうして、戒めや律法があるのでしょうか?どのようにして、私たちは神様の望まれることを全うすることが出来ますか?

姦淫とは、既婚者が配偶者以外の者(他の既婚者、または、未婚の相手)とセックスをすること。

どうして、姦淫は間違っているのですか?

性的不品行の結果は何ですか?

性的不品行から生じる悪い結果

・身体的に人を傷つけ、自分自身も傷つける‐性病、症状は様々ですが、深刻なものや、一生涯治療を必要とするものもある。クラミジアは不妊の原因となり、その他の梅毒は子宮頸がんの原因ともなる

・過去の傷により、誰かを信頼し、愛することが出来なくなる。

・望まない妊娠や中絶(中絶による不妊)。

・罪悪感と恥。

セックスに対する間違った考え方

・間違った考え方:「性欲やポルノはOK」

・間違った考え方:「何でもあり」(責任なし)

・間違った考え方:「セックスは現実逃避のため」

・間違った考え方:「みんなが同じことしてるでしょ」

・間違った考え方:「コミットする前に、試乗運転」

・間違った考え方:「いずれ、彼/彼女と結婚するから、結婚前にセックスしてもOK」

・間違った考え方:「結婚前のセックスにNoって言ったら、彼女/彼氏が自分から離れていっちゃうから」

・間違った考え方:「処女・童貞を捨てることがかっこいい(周囲からのプレッシャー)からOK」

・間違った考え方:「お金やプレゼント、自分の都合のためにセックスしてOK」

・間違った考え方:「これが私の性的なアイデンティティ。生まれつきだし、それがないと生きていけないから。」

・間違った考え方 - デートレイプ:「一緒にデートしたから、彼女が欲しがったんだ」

どうして、神様は私たちの身体を気にかけているのでしょうか?

上記のリストを見て分かるように、神様が私たちにセックスというものを大切に守って欲しいと望まれている明確な理由がよく分かります。しかしながら、今日の社会では、結婚前に処女・童貞を捨てさせようとする周囲のプレッシャーがあります。大人になってから、クリスチャンになった人は、神様の描いている結婚やセックスの目的を知らなかったという人が多いでしょう。その様な多くの男性や女性が、ポルノを見たり、結婚外のセックスをしても、それが普通だと思っていたかもしれません。あなたも、同じように考えていたかもしれません。神様が結婚のために用意してくれたギフトを既に開けてしまったと後悔している人もいるかもしれません。間違った考え方や、間違った決断によって、恥じて、結婚へ恐れを抱いている人もいるかもしれません。

もし、既に間違いを犯してしまった場合、どうすれば良いですか?

(注:性的に虐待されたことがあれば、それはあなたのせいではありません。しかし、神様に、ピュアにして下さい、と祈ることが出来ます。信頼できるリーダーに個人的に話して、助けてもらうことも出来ます。)

神様のピュアさ

どのようにして、神様は私たちをピュアな状態に戻してくれますか?

友達に聞こう

あなたにとって、性的にピュアを保つことは、どれほど大切ですか?それはどうしてですか?

実践

性的にピュアを保つために、神様に助けを祈ったことはありますか?

どのように、あなたの人生で性的ピュアを優先することが出来ますか?

祈ろう!

神様、セックスという最高なギフトをありがとう。そのギフトを大切にし、結婚生活のために守っていきます。私の身体と性的なピュアさをあなたにコミットします。あなたの道を歩めるように助けて下さい。

覚えよう!